女系家族

女系家族

人間誰しも金がほしいんだよね

さすが山崎豊子と言うべき骨肉の争い。
自分とは関係のないお家騒動なので笑いながら見ていられるが、ところどころ酷い台詞がある。
渦中の矢島家の人から見たら少しでも多くのお金が貰いたいのはわかるが、姉妹や叔母との口論には正直辟易する。
お金がないのは困るが、ありすぎても悩みの種ってことだよね。
年収300万円の今の時代、贅沢な悩みか。

でもホント女の闘いって怖いな…

ストーリー
大阪・船場の老舗木綿問屋「矢島商店」は、代々家付き娘が婿養子をとる女系の家である。
社長・矢島嘉蔵が死去し、遺言によってその存在が発覚した身重の愛人・浜田文乃と嘉蔵の娘である三姉妹(矢島藤代・千寿・雛子)、更に彼女たちの叔母芳子や矢島商店の大番頭宇市、藤代の踊りの師匠である芳三郎らの思惑も絡まりあい、彼らの間で繰り広げられる莫大な遺産の相続を巡る凄絶な権謀術数のさまが描かれる。
しかし、最後に笑うのは彼らが予想もしなかった人物であった。

原作:山崎豊子
脚本:清水曙美
主題歌:今井美樹『愛の詩』
米倉涼子 / 高島礼子 / 瀬戸朝香 / 香椎由宇 / 橋爪功 / 高橋克典
沢村一樹 森本レオ 浅田美代子 田丸麻紀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です