贖罪 第4話 とつきとおか

贖罪

女って怖いな…

女同士の戦いは同僚に限らず、友人や姉妹の間でも起こる。
そしてその時に催される争い方は肉体的か精神的かにわかれる。
このいづれかにしても残虐を極める。
基本血が苦手な男は戦っている間にもやり過ぎないように自制が働く。
が、女の殴り合いは限度を知らない。
そこが男からすると、とても怖い。
でも、もっと怖いのは精神的な攻撃だ。
今回の話の中でも出てくる妊娠報告。
男からすると「なぜこの状況で?」「目的は何なの?」「どうしたいの?」と考えてしまう。
なのに本人はサラッと言うのだが、聞いている方はたまったもんじゃない。
色々な意味で女は強いよね。

お姉ちゃん役で伊藤歩が出ているんだが、いつも嫌われ者を演じる印象がある。
個人的には結構好きな女優で、『リリイ・シュシュのすべて』では度肝を抜かれた。
Wikiを見てみるとスワロウテイルでも出演しているんだね。
昔は好きな映画だったのに、内容を全く覚えていない。
これは明日TSUTAYAに走るか。

ストーリー
とある田舎町にできた足立製作所の工場と、社員のために建てられた田舎には不似合いな瀟洒な社宅。そこに越してきた転校生エミリの環境に憧れや羨望の思いを抱きながら、4人の小学生はエミリと仲良くなる。夏休みのある日の「グリーンスリーブス」が鳴る午後6時、彼女達はエミリの死体を発見する。彼女達は犯人を見ていたが、その顔を思い出すことが出来なかった。15年後、彼女達が抱き続けてきた罪の意識と、エミリとエミリの母に対する償いが、さらなる悲劇を巻き起こす。

原作:湊かなえ
脚本・監督:黒沢清
音楽:林祐介
小泉今日子 / 蒼井優 / 小池栄子 / 安藤サクラ / 池脇千鶴
伊藤歩 長谷川朝晴 赤堀雅秋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です