オールド・ボーイ

オールド・ボーイ

過度の期待は禁物だな

面白い映画をネットで検索していたらこのオールド・ボーイが出てきたので、頭の片隅に留めておいた。
これを借りるために何度TSUTAYAに通ったことか。
貸し出されていること2回、借りるために行ったのに忘れてしまい違う作品を借りてしまうこと3回、五福星やナイト・オブ・ザ・リビングデッドを見つけてテンションが上って頭の片隅から消えること2回。
やっとの思いで借りたこの作品なのだが、なんかイマイチだった…
確かに面白くて引き込まれる世界観なのだが、監禁の理由がね。
日本では2004年に公開したのだが、その当時に観ていたのであれば多大な衝撃を受けたことだろう。
だが、公開から10余年もたった今では理由が色褪せてしまっている。
もっと早くに観ていれば良かったなぁ。

ストーリー
ごく平凡な生活を送っていたオ・デスはある日、突然誘拐され15年間監禁された。
解放されたデスが、自分が監禁された理由を解き明かすために奔走する5日間の物語。

原作:土屋ガロン / 嶺岸信明『ルーズ戦記 オールドボーイ』
監督:パク・チャヌク
脚本:ワン・ジョユン / イム・ジュンヒュン / パク・チャヌク

チェ・ミンシク / ユ・ジテ / カン・ヘジョン / チ・デハン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です