ターミネーター

ターミネーター

やっぱり面白い

1984年にターミネーターは公開された。
現在の映画と比べれば技術面では大きく劣る。
が、内容はとても面白く比べようがない。
単に忘れてしまっただけかもしれないが、最近の洋画はあまり観ていない。
邦画との比率は10:1くらいだろうか。
どうしてこうなった?
バックトゥザフューチャーやゴッドファーザーという素晴らしい映画があるのに、洋画には興味を失ってしまった。
昔の作品のほうが面白いな。…

ストーリー
近未来。
反乱を起こした人工知能スカイネットが指揮する機械軍により絶滅の危機を迎えていた人類だが、抵抗軍指導者であるジョン・コナーの指揮下、反撃に転じた。
脅威を感じたスカイネットは、未来から現代へ殺人ロボット「ターミネーター」を送り込み、ジョンの母親サラ・コナーを殺害することでジョンを歴史から抹消しようと目論む。
同じ頃、抵抗軍からも兵士カイル・リースが、サラの護衛という使命を帯びて未来から送り込まれた。
人類の命運を分ける戦いが、1984年のロサンゼルスで始まる。

監督:ジェームズ・キャメロン
脚本:ジェームズ・キャメロン / ゲイル・アン・ハード
アーノルド・シュワルツェネッガー / マイケル・ビーン / リンダ・ハミルトン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です