チャップリン短篇集 Vol.1

チャップリン短篇集

保安官に惚れちまうな

1.担え銃
戦争の無意味さ、愚かさを笑いに変えて描いた作品。
塹壕で休む兵士たちの部屋に雨が流れ込んできて全身を水に浸からせながらの睡眠や、のび太くん並に射撃が上手いシーンが印象的である。
それから敵部隊に潜入する命令の中で、敵陣まで樹に化けて行く方法が個人的に面白かった。
これは身内ネタになってしまうのだが、昔アルバイトで玲奈ちゃんという子がいて、仕事中に立ったまま居眠りをする子だった。
仕事は飲食業で、彼女はホール係。
眠いから寝るという我儘というか自由奔放というかなんだが、憎めない子だった。
彼女の立ったまま居眠りをしている時、僕らは敬意を込め「樹になっている」と表現していた。
玲奈ちゃんを思い出させてくれる大事な作品となった。

2.偽牧師
囚人服から着替えるために盗んだ服が牧師だったもんで、なんとな〜くそのまま逃亡してたら本物に間違われちゃってドタバタする話なんだけど、教会での説教が面白い。
小難しく話をするよりも、子供にもわかるように話すって大事だよね。
呆れ顔の大人たちの中で、子供だけが拍手喝采。
世の中適当でいいってもんだよ。

最後の保安官の粋な行動に惚れちゃうな。

3.一日の行楽
この映画を観るとお父さんって大変なんだなってつくづく思ってしまう。
車に舟に酔に…
頑張れ日本のお父さんたち。

ストーリー
1.担え銃
チャーリーは新兵訓練でぎこちない動きを繰り返して訓練士官に叱られっぱなし。
訓練で疲れたチャーリーはキャンプの中で眠りにつく。

2.偽牧師
チャップリン演じる脱獄囚は、囚人服を脱ぎ捨てて牧師の服を盗み逃亡を続ける。
彼はある小さな町にたどり着くが、そこで新たに着任した町の教会の牧師と間違えられてしまう。

3.一日の行楽
チャップリンと妻、そして子供たちが行楽に出掛け、いろいろなことがうまくいかない様子を描いたもの。

製作・監督・脚本・編集:チャールズ・チャップリン
チャールズ・チャップリン / エドナ・パーヴァイアンス
シドニー・チャップリン ヘンリー・バーグマン アルバート・オースチン ジャック・ウィルソン トム・ウィルソン ロイヤル・アンダーウッド
マック・スウェイン フィリス・アレン ジャッキー・クーガン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です