バック・トゥ・ザ・フューチャー

Back_to_Future02

デロリアンと1.21ジゴワットの電力が必要

1985年12月7日に日本で公開されたバック・トゥ・ザ・フューチャー。
もう28年の月日が経っているのに今もって色褪せてはいない。

ストーリー
1985年のカリフォルニア州ヒルバレーに住むロックとペプシが大好きな高校生マーティ・マクフライは、科学者である親友のエメット・ブラウン博士(通称ドク)を手伝って、深夜のショッピングモールの駐車場にて、乗用車デロリアンを改造してドクが開発したタイムマシンの実験をする。
実験は成功したが、ドクがタイムマシンの燃料であるプルトニウムを調達するために騙したリビアの過激派の襲来に遭い、ドクはアサルトライフルで射殺されてしまう。
同じく命を狙われたマーティはとっさにタイムマシンに乗って逃走するが、シフトレバーを動かす際に肘で次元転移装置のスイッチを入れてしまった為、30年前の1955年にタイムスリップしてしまう。
1985年に戻ろうとするマーティだったが、タイムマシンは燃料のプルトニウムを使い果たしてしまった為、タイムスリップすることが出来なくなっていた。
そこでマーティは1955年のドクと会い、未来に帰る手助けをしてもらうことにした。
最初は疑念の目を向けるドクだったが、タイムトラベル理論を思いついたきっかけなど、当時の自分しか知らないはずの事情をマーティーが知っていたことから彼を信じ、数日後にヒルバレーの時計台に落ちる予定の雷(マーティーがたまたま1985年から持ってきたチラシにこのことが書いてあった)の力を利用しタイムマシンを稼動させる算段を立てる。
しかし、もう一つ問題があった。
この年はマーティの父・ジョージと母・ロレインが結婚のきっかけを得た年であったが、ふとした事から若きロレインはマーティに恋をしてしまった。
このままでは父と母が結婚せずマーティが生まれなかったことになってしまい、存在が消滅してしまう。
落雷当日に行われたプロムで、臆病者のジョージが不良のビフ・タネンを退けてロレインとキスをする手助けをしたマーティは、かろうじて自身の消滅を免れ、落雷の時間ギリギリにデロリアンに乗り込み、ドクの命がけの助力で「1985年のドクが銃撃される直前の時間」への帰還に成功する。
すぐに現場に駆けつけたマーティだったが、あと一歩及ばずドクはまたも過激派の銃撃を受けてしまった。
その場に泣き崩れるマーティだったが、彼の目の前でドクはゆっくりと起き上がる。
1955年から帰還する直前にマーティが残した手紙で、自分が銃撃される未来を知っていたドクは防弾対策を施していたのだった。
ドクとの再会を喜んだ後に自宅に戻ったマーティは自宅が裕福になっていたことに驚く。
1955年にマーティの介入によってビフを倒したジョージは臆病な性格を改善し、小説家として大成していたのだった。
そんな彼の目の前に、再びドクがデロリアンに乗って現れる。
未来で重大なトラブルが起こったので、解決のために同行して欲しいというのである。
マーティと、その場に居合わせたガールフレンドのジェニファーを乗せ、デロリアンは空を飛んで未来へと向かうのだった。

とりあえず60秒でわかるバック・トゥ・ザ・フューチャーを紹介します。

【スタッフ&キャスト】
監督:ロバート・ゼメキス
脚本:ロバート・ゼメキス / ボブ・ゲイル
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ / キャスリーン・ケネディ / フランク・マーシャル
マイケル・J・フォックス / クリストファー・ロイド / トーマス・F・ウィルソン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です