悪魔のいけにえ

悪魔のいけにえ

純粋に怖い

昔の作品ということもあり、映像が粗い。
だが、その粗さが逆に想像を膨らませてしまい余計に怖いおもいをしてしまう。
ヒッチハイクの辺りは若干おいてけぼりをされた感じだったが、とある洋館に入り込んでから一転する。
あいつが登場しビクッとした刹那、ボカリ。
戻りが遅い彼を探しに洋館に忍び込むと…
ここから物語はスピードを増し面白くなっていく。

映画を見終えても暫くはチェーンソーのあの音にビクッとしてしまう。
なんてったってチェーンソーは神をも一撃死させてしまうものだからね。

ストーリー
墓荒らしが頻発しているテキサスの某所、5人の男女がドライブをしていると一人の男がヒッチハイクをさせてくれと頼んできた。
車に乗せた途端、男は自傷行為を行い異常さを察知した若者たちは彼を車から追い出す。
程なくして古びた洋館に立ち寄るのだが、これが恐怖への入り口になるのだった。

監督:トビー・フーパー
脚本:キム・ヘンケル / トビー・フーパー
音楽:ウェイン・ベル / トビー・フーパー
マリリン・バーンズ / ガンナー・ハンセン / エドウィン・ニール / ジム・シードー
ジョン・ドゥーガン ウィリアム・ヴァイル アレン・ダジンガー ポール・A・パーティン テリー・マクミン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です