消えた画 クメール・ルージュの真実

消えた画 クメール・ルージュの真実

僕だけが生き残った…

クメール・ルージュやポル・ポトについても知識が足りなかったせいだろうが、映画に入り込めず寝てしまった…

ストーリー
1970年代、共産主義を掲げるクメール・ルージュ(カンボジア共産党)の支配下、国民の多くが不幸な目に遭った。
そんな時代に少年期を過ごし、家族や友人を失った映画監督リティー・パニュが自らの体験を基に、恐怖に支配された当時のカンボジアをクレイアニメと貴重な記録映像を織り交ぜて再現していく。

監督・脚本:リティ・パニュ
音楽:マルク・マルデル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です