大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン

ガメラ 第2作

大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン

欲張りさんは早死するよ

Z計画から半年後、突如として現れた隕石がロケットに衝突し、カプセルに封じ込められていたガメラは再びその姿を現した。
そして電力のエネルギーを体内に蓄えるため、東洋一の発電所である黒部ダムを襲ったのだ。
そこで好物の炎を貪り食うのだが、相変わらずバンザイ姿が可愛らしい。
腹が膨れたらそのまま帰ればいいのにダムを決壊させるお茶目さを忘れないところが憎らしい。
話は変わりバルゴンの誕生を語ろう。
戦時中にニューギニアの奥地の洞窟で発見した巨大なオパールを取りに行く計画を立てている窃盗団に半端ないダメ人間がいまして、コイツが仲間を裏切るわ、オパールと思い込んでバルゴンの卵を日本に持ち帰るわ、ジャンクルでマラリアと水虫になるわ、赤外線治療器の電源を切り忘れバルゴンの卵に照射し温めて孵化させた上に突然変異的な急成長まで促して10年はかかるところをたったの半日程度で巨大化させてしまうわ、人類最後の希望であるバルゴンをおびき寄せるための時価200億円もする5000カラットのダイヤモンドを奪い、ダイヤもろともバルゴンに喰われるという人生を歩んだ男、人類史上最強のストーリーテラー小野寺。
君がもたらした恐怖と混乱はみんな忘れることはないだろう。
このバルゴンというトカゲに似た伝説の怪獣は舌の先から冷凍液を噴射させて建築物や関西方面防衛隊を凍らせ全滅させたり、ミサイルを使った遠距離攻撃を動物的本能を持って危険を察知し、プリズム状の背中の棘から『悪魔の虹(殺人虹光線)』を放って周囲の人間を焼き殺したりする。
さらにはガメラの吐く火炎放射をしのぎ、冷凍液で反撃し凍結させてしまう。
オイオイ、ガメラに勝つってコイツ強すぎっしょ。

てか前々から気になっていたんだが、ガメラって目つき悪くね??

ストーリー
半年前に打ち上げられたZプランロケットが宇宙空間で隕石に衝突し、中に閉じ込められていたガメラが脱出。
ガメラは地球へと舞い戻り、エネルギーを求めて黒部ダムを破壊した後、噴火した火山に潜伏する。
一方、大阪で航空士のライセンスを得たばかりの平田圭介は、独立して観光飛行機会社を設立するための元手を集めるために、勤めていた会社を辞めて兄・一郎の計画へと参加する。
兄は戦時中にニューギニア奥地の洞窟で発見した巨大なオパールを隠しており、片脚の不自由な彼に代わって仲間の小野寺、川尻と共に「戦死した友人の遺骨収集」を名目にした密輸計画が実行されることになる。

監督:田中重雄
脚本:高橋二三
音楽:木下忠司
ナレーター:若山弦蔵

本郷功次郎 / 江波杏子
夏木章 藤山浩二 早川雄三

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です