あん

あん

食べ物を扱っているのを見ると食べたくなるよね

今回は兼松さんが出ているということで観たのですが、監督に河瀬直美、原作は叫ぶ詩人の会のドリアン助川。
出演陣も豪華で、樹木希林、永瀬正敏、市原悦子、浅田美代子、水野美紀、そして兼松若人。
どら焼きを作っているところを見て、「これって俺でも出来んじゃない?」なんて軽く行動してみた。
あんは数種類作ってみた。
基本のあんこ、チョコクリーム、カスタードクリーム、チーズクリームの4つ。
あんについては自画自賛になってしまうが、よく出来たと思う。
だが、生地が難しい。
ホットケーキミックスを使ったのでは面白く無いと思い、小麦粉とベーキングパウダーを主原料にドロを作った。
いざ焼いてみてわかった。
焼けない。
と言うかそもそもドロの時点で失敗している。
ベーキングパウダーが多すぎたのか薄く広がらずに厚さが出てしまう。
中まで火を通そうとすると焦げてしまう。
途中で牛乳を加え薄く伸ばしてみたが、やはりなかなか上手くはいかない。
それに形も不格好だ。
やっぱり職人さんは凄いなと思った一日でした。

それから余談ですが、こちらのショートムービーもキレイに仕上がっています。
僕の好きな安藤サクラが出ているので、絶対に観ましょう。
『SEED』 河瀨直美監督 女性たちの物語 #11
『SEED』 河瀨直美監督 女性たちの物語 #11

ストーリー
春ともなれば桜の咲き乱れる公園に面したどら焼き屋で、辛い過去を背負う千太郎は雇われ店長を続け、日々どら焼きを焼いていた。
ある日この店を徳江という手の不自由な老婆が訪れ、バイトに雇ってくれと千太郎に懇願する。
彼女をいい加減にあしらい帰らせた千太郎だったが、手渡された手作りのあんを舐めた彼はその味の佳さに驚く。
徳江は50年あんを愛情をこめて煮込み続けた女だったのだ。

原作:ドリアン助川
監督・脚本:河瀬直美
主題歌:秦基博『水彩の月』

樹木希林 / 永瀬正敏
内田伽羅 市原悦子 浅田美代子 水野美紀 太賀 兼松若人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です