ぐるりのこと。

ぐるりのこと。

嫌なヤツしかいないのがこの世の中

登場人物が基本的に嫌な奴しか出てこない。
が、これこそがリアリティのある世の中だと思う。
みんな自分のことや家族のことで精一杯。
親兄弟の面倒なんてみてられない。
ついつい嫌味を言ってしまうのが、人間ではなかろうか?
幼女誘拐殺人事件の裁判シーンがあるんだけど、受け答えのテンポが素敵すぎる。
笑うとことでは無いのは百も承知なのだが、笑いがこみ上げてきてしまう。
人間失格でスミマセン。

ストーリー
1993年、小さな出版社に勤める妻・翔子と生活力に乏しい夫・カナオは第一子の誕生を控え幸せな日々を送っていた。
カナオは日本画家を目指す傍ら法廷画家の職を得る。
その後第一子の死去という悲劇に見舞われた夫婦のうち、翔子は次第にうつに陥っていく。
そんな翔子を静かに見守るカナオは、法廷画家という職について法廷に通ううちに東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件、地下鉄サリン事件といったさまざまな事件の公判を傍聴する。
時代の変化の中で二人の夫婦は夫婦の絆を深めていく。

原作・監督・脚本:橋口亮輔
音楽:Akeboshi
主題歌:Akeboshi『Peruna』

木村多江 / リリー・フランキー
倍賞美津子 寺島進 安藤玉恵 寺田農 八嶋智人
木村祐一 佐藤二朗 田中要次 斎藤洋介 春海四方
菊池亜希子 温水洋一 峯村リエ 山中崇 山中聡
光石研 田辺誠一 志賀廣太郎 横山めぐみ 加瀬亮
新屋英子 片岡礼子 新井浩文 柄本明 上田耕一
黒田大輔 江口のりこ 菅原大吉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です