そして父になる

そして父になる

取り違え事件の真相…

病院の責任問題や家族の葛藤など、もっとドロドロした物語を想像していたのだが、まったくもって期待ハズレでであった。
登場する二家族だが、あまりにも淡々としすぎていて疑問符が拭えなかった。
彼らの考えや気持ちなんかは全然伝わってこなかったことが残念。

ストーリー
野々宮良多と妻みどりの間には6歳になる一人息子・慶多がおり、家族は幸せな日々を過ごしていた。
そんなある日、慶多を出産した病院から「重要なお知らせがある」と呼び出される。
出生時に子どもの取り違えが起き、実の息子は慶多ではなく、斎木家の琉晴だというのだ。
ショックを受ける良多とみどりだが、取り違えられたもう一組の家族、群馬で小さな電気店を営む斎木雄大・ゆかりと対面した良多とみどりは、「子どもの将来のために結論を急いだ方がいい」という病院の提案で斎木家と交流を始め、病院を相手取って裁判を起す。
6年間愛してきた他人の子どもと、血の繋がった実の息子。
子どもを交換するべきか、このまま育てていくべきか、葛藤の中で良多はそれまで知らなかった慶多の思いに気づく。

監督・脚本:是枝裕和
福山雅治 / 尾野真千子 / 真木よう子 / リリー・フランキー
中村ゆり 田中哲司 井浦新 大河内浩 風吹ジュン 國村隼 樹木希林 夏八木勲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です