ギャラクシー街道

ギャラクシー街道

私、撃沈でございます!

『三谷幸喜の才能が急失速、過去のヒット作はあの人がゴーストライターだった?』なんてタイトルの記事があって、読んでみると前妻である小林聡美がゴーストライターというかアドバイスをしていたので、面白かったのではないかという内容のものだ。
テレビでは『古畑任三郎』『王様のレストラン』、舞台では『12人の優しい日本人』『Vamp Show』『笑の大学』『マトリョーシカ』などなどなど…
素晴らしい作品が目白押しなのだが、確かに最近の作品はとてつもなくツマラナイ。
もう駄目なのでしょうね。
残念ながら。
上映時間110分の作品なので、人生の110分はDIO様のお言葉を借りて『無駄無駄無駄無駄ァ』にすることが出来る素敵な作品でございます。

ストーリー
西暦2265年、木星と土星の間に浮かぶスペースコロニー(宇宙空間に作られた人工居住区)「うず潮」と地球を結ぶスペース幹線道路、通称“ギャラクシー街道”。
かつては活気があったが、開通して150年、老朽化が著しくそろそろ閉鎖の噂も聞こえている。
街道の中央にひっそりと佇む小さなハンバーガーショップ、サンドサンドバーガー・コスモ店を舞台に、今日も様々な星から宇宙人たちがにやって来る。
そこで働く人々と客たちが織りなす、宇宙人模様。宇宙人たちが織りなすファンタジー作品である。

監督・脚本:三谷幸喜

香取慎吾 / 綾瀬はるか
小栗旬 優香 大竹しのぶ 西田敏行 梶原善 遠藤憲一 秋元才加
阿南健治 段田安則 浅野和之 西川貴教 山本耕史 田村梨果 (ミラクルひかる) 石丸幹二

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です