ダンプねえちゃんとホルモン大王

ダンプねえちゃんとホルモン大王

ゴリラ、ゴー!ゴー!

仕事で疲れた夜に最適の一本。
正直言って前半はなんの変哲もない普通のチープな映画だったが、後半に差しかかりいい感じの兄ちゃんだったホルモン大王が極悪非道の本性をあらわした辺りから物語は急展開をむかえる。
大王に裏切られ、心と体を傷つけられたダンプねえちゃんの復讐劇は始まる。
果たして世界ケンカチャンプのホルモン大王を倒せるのか?
ホルモン大王の過去が今暴かれる。

ストーリー
とある港町で、将来の夢もなくぼんやり暮らしているダンプねえちゃん(宮川ひろみ)。
そんな小さな町に、世界ケンカ大会のチャンプ・ホルモン大王(田中康二)がやってきた。
男気あふれるホルモン大王に一目惚れするダンプねえちゃんだが、大王には粗暴な一面が。
大王に裏切られ、心と体を傷つけられたダンプねえちゃんは、人情あふれる医者(切通理作)と看護婦に助けられ、ついに復讐のため立ち上がる!

これは’70年代東映風の人情コメディと’70年代香港クンフー映画の合体だ!
―町山智浩

この映画のみどころは

  1. 監督こだわりの独特の演出
  2. 出演者全員の不思議な演技
  3. 制作費を気にしてしまうほどのチープ感

【スタッフ&キャスト】
監督・脚本:藤原章
宮川ひろみ / デモ田中 / 坂元啓二 / 徳元直子
酒徳ごうわく 切通理作 花くまゆうさく 村田卓実

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です