バイロケーション

バイロケーション

シックス・センスを超える結末というキャッチコピー

なかなかおもしろかった映画。
だが、いくら何でもシックス・センスを超える結末というのは盛りすぎ。
そのせいで期待しすぎちゃってガッカリ感が半端ない。
もう少し控えめであればいいのに…
そしてもう一つの結末があるということで、おなじみのYahoo映画のレビューを見てみると、アコギな商売が垣間見えてくる。
最後の5分が違うだけで、その他おんなじって…
観に来てくれた人を馬鹿にしていることが最高にロックですね。
こんなのに1,800円も払ったんじゃたまったもんじゃないですよね。
映画が廃れていっているのも頷けますね。

ストーリー
結婚後も画家を夢見て、キャンバスに向かう日々を送る高村忍。
ある日、スーパーでニセ札使用の容疑を掛けられたことから、見た目はうり二つだが全然違う別人格の“バイロケーション”と呼ばれるもう一人の自分が存在することを知る。
さらに、バイロケはオリジナルよりも攻撃的で…

原作:法条遙
監督・脚本:安里麻里
主題歌:黒夢『ゲルニカ』
水川あさみ / 千賀健永(Kis-My-Ft2) / 高田翔(ジャニーズJr.)
マイコ 久保酎吉 滝藤賢一 浅利陽介 酒井若菜 豊原功補

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です