ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

ブラックとは言うものの

結局のところ金っすよ。
最低限に生きていくための衣食住を確保するためにみんな必死に働いているんですよね。
本当にヤバいのであれば逃げるのもひとつの手。
限界まで無理して体調を崩したり、鬱になったり、最悪は自殺。
そうなる前に逃げ出しましょう。
2006年当時に勤めていた会社の社長夫人のお宮さん。
あなたのデタラメかつ我儘な要望を必死にたった一人でこなそうとした結果、直腸ポリープになった経験は忘れません。
仕事から逃げるという大切なことを教えてくれてありがとうございました。

ストーリー
ニート生活を送ってきた26歳のマ男は母親を亡くし、一念発起して情報処理の資格を取得する。
不況のご時世の中、必死で就職活動をするものの試験に落ち続け、最終的にパスしたのはとんでもない問題企業だった。
彼は初出社当日から当然のようにサービス残業をさせられ、その状態が毎日続いていく。

原作:黒井勇人
監督:佐藤祐市
脚本:いずみ吉紘
音楽:菅野祐悟
主題歌:TOKYO MOOD PUNKS『ストロベリー』
小池徹平 / マイコ / 田辺誠一
品川祐 池田鉄洋 中村靖日 田中圭 千葉雅子 須賀貴匡 北見敏之 朝加真由美 森本レオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です