ミンボーの女

100929yakuza4

ヤクザ怖ぇ…

あまちゃんに出演していた夏ばっぱこと宮本信子。
とても演技力があって好きな女優さんです。
あまちゃんでも感じたけど、やっぱかっこいいですよね。
宮本信子がかっこいいと言ったらマルサの女やタンポポ、そしてミンボーの女。
プールに来たヤクザをチャチャッと追い払ったり、大声で怒鳴り脅してくるヤクザにも毅然として対応するシーンとかとてもかっこいいです。
終盤、下っ端のヤクザとしてギバちゃんが登場するんだが、若い。
すっげぇ若い。
鉄砲玉なのに拳銃ではなく、ドスで襲ってくるなんてgoodですよ。
この時の功績が認められて警察に入り、青島くんと出会ったそうです。

ストーリー
東京の名門ホテル、ロイヤルコートではサミットの開催を控えていたが、ヤクザの逗留を許しているという危機管理の甘さが理由で、その開催権をライバルホテルに奪われてしまう。
ロイヤルコートの総支配人は断固ヤクザを排除しようと決心し、経理マンの鈴木とベルボーイの若杉をヤクザ担当に任命する。
2人はヤクザにおびえながらも排除に取り掛かるが、ズブの素人である彼らは手もなくヤクザの術中におちいり、金をむしりとられてしまう。
そんな彼らの不適切な対応は逆にヤクザを刺激する結果となり、事態はさらに悪化していく一方であった。
そんな状況にたまりかねたホテルはミンボー専門の女弁護士・井上まひるを雇う。
女でありながらもミンボーのプロであるまひるは、知識と経験と胆力によって難事件を次々にさばいていき、そんなまひるの指導もあって鈴木と若杉は次第にヤクザに対しての対応を心得、成長していく。
そんなある日、ゴルフ・クラブで入内島という男と出会った総支配人は、彼に誘われるがまま、とばく行為に手を出してしまう。
ところが入内島はヤクザ組織の中心人物で、これをネタに総支配人を次々とワナにはめてしまい、ホテルそのものに揺さぶりをかけてきた。
戦えばスキャンダル、降伏すれば多額の金をゆすり取られてしまう。
それを知ったまひるは、ホテルの会長に企業全体としての決断を迫り、ホテル側も真っ向から闘うことになるが、そんな時、まひるはヤクザの鉄砲玉に刺されてしまう。
そしてまひるがいなくなったのを幸いにホテルに押しかけてくるヤクザ。
だが企業全体で暴力団に立ち向かう体質に生まれ変わったロイヤルホテルは、正当な手段でヤクザを撃退するのだった。

【スタッフ&キャスト】
監督:伊丹十三
脚本:伊丹十三
宮本信子 / 宝田明 / 大地康雄 / 村田雄浩 / 大滝秀治
三谷昇 三宅裕司 櫻井淳子 伊東四朗 中尾彬 小松方正 我王銀次 柳葉敏郎 ガッツ石松 不破万作 六平直政 大河内浩 渡辺哲 矢崎滋 津川雅彦 柳生博 きたろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です