冴え冴えてなほ滑稽な月

冴え冴えてなほ滑稽な月

最低で最高の世界を…

2013年9月19日、渋谷ユーロスペースにて鑑賞。
公開初日、友人と観に行く約束をしたのだが映画館を間違えてあえなく断念。
なんとしても観に行きたかったので、どうにか都合をつけて映画館へ。
「オマエが何者なのかなんて此処ではまったくどうでもいいことなの」
という黒川芽以さん演じる美礼女王様のセリフからスタートする。
連続自殺事件が起き、調査を進めていくと謎のSM女王マリリンの存在が浮かび上がる。
Mの刑事と女王様がプレイ中に事件を解決していく様はとても面白い。
そして所々に埋め込まれている笑いの要素。
最高だったのは奥崎謙三のシーン。
事前にキャストを見ていたところ彼の名前がありどう使うのかが気になってはいたのだが、まさかあんな風に使うとは…
奥崎謙三って言えば『ゆきゆきて、神軍』の人ですよ。
それがあんな…
最低で最高のロック、、、いやパンクか??

エンディング曲のコロボックルズが歌う満月ロックンロールが気に入りました。

ストーリー
全裸の男が、ビルの屋上から飛び降り自殺した。
ビルには、死んだ男【松尾】が足しげく通っていたSMクラブ『ミッドヘブン』があった。
刑事の武藤雅美は調査の為、松尾を調教していたSM女王美礼(ミレイ)を事情聴取することに。
どこか陰のある美貌をもった美礼に惹かれ、クラブに通う様になる武藤。並はずれた勘の良さと推理能力を持つ美礼は、武藤を従順な下僕へと調教しつつ、武藤の抱える数々の難事件を解決へと導いていた。
そんな折、M男の連続自殺事件が起きた。
自殺したM男達の調査を進めていくにつれ、謎のSM女王『マリリン』の存在が浮かび上がってきた。
マリリンとプレイをした男達は、何故か“自殺”する。自殺者が止まらない中、マリリンとプレイをした男が変死体で発見された。
容疑者となったマリリンを追う武藤。
調査を進める程に深っていく謎。完全に捜査の方向性を見失った武藤は、美礼に相談するため調教を受ける。
突如現れたマリリンという女王が驚異的な人気を誇っていたのは何故か?
プレイをしたM男達は何故“自殺”するのか?
そして、なぜ【最後】の事件だけマリリンは“殺人”を犯したのか?
美礼はこの不可解極まりない事件に、今までに無い強い興味を示した。
SM界のカリスマ的人気を誇る女王SMクラブ『ミラー』の愛紫亜(メシア)は、美礼と因縁のライバル関係にあった。
何故か愛紫亜もこの事件に反応を示す。
美礼、マリリン、愛紫亜……SMの女王をめぐり、過去を遡って様々な事実が明かされ、それぞれの背後に絡みつく驚愕の関係が、事件解決への糸口となっていく…。

【スタッフ&キャスト】
監督:島田角栄
脚本:華雪ルイ
黒川芽以 / 澤田由希 / 浜尾京介
大塚明夫 鳥肌実 河瀬直美 JILL(PERSONZ) 古市コータロー(the collectors) HIKAGE(THE STAR CLUB) COBRA BALZAC クレージーSKB Atsushi(NEW ROTE’KA) KEITH(ARB) 奥崎謙三 リカヤ スプナー 瀧川英次 白井光浩 真凛 流血ブリザード ダイアモンド☆ユカイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です