復讐するは我にあり

復讐するは我にあり

タイトルの意味はキチンと理解してね

今も昔も変わらずの金と女の世の中で、己の欲望に忠実に次々と殺人を犯す榎津巌。
実際に起きた西口彰事件を題材にした長編小説を今村昌平が映画化。
シーンのカットが上手く、やはり巨匠と言わざるをえない。

ストーリー
昭和38年。
当時の日本の人々はたった一人の男に恐怖していた。
榎津巌(えのきづ いわお)。
敬虔なクリスチャンでありながら「俺は千一屋だ。千に一つしか本当のことは言わない」と豪語する詐欺師にして、女性や老人を含む5人の人間を殺した連続殺人犯。
延べ12万人に及ぶ警察の捜査網をかいくぐり、78日間もの間逃亡したが、昭和39年に熊本で逮捕され、43歳で処刑された。
映画ではこの稀代の犯罪者の犯行の軌跡と人間像に迫る。

監督:今村昌平
脚本:馬場当
音楽:池辺晋一郎
緒形拳 / 三國連太郎 / 小川真由美
ミヤコ蝶々 倍賞美津子 清川虹子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です