日本の自転車泥棒

日本の自転車泥棒

すべての事柄に意味なんて無い

この映画は絵画のように観ることをおすすめする。
意味を探したい人は探せばいいし、そんなものはいらないという人はただボーっと観ていればいいんだと思う。
雪の中なのに河童の着ぐるみのおかしな女の子がいてもいいじゃないか!
若い子にはお金をあげるが、オバちゃんからは奪ったっていいじゃないか!!
自転車で東京を目指すのにトラックやバスに乗って移動したっていいじゃないか!!!
原田知世のシーンって一体何なの?って観ている人を混乱させたっていいじゃないか!!!!

ストーリー
ケガが元でリタイアした元競輪選手の斎藤鉄男は、製鉄所の工員として働く日々を送っていた。
ある朝、鉄男の頭の中に“ジャン、ジャン、ジャン”という音が鳴り響き、鉄男はその音に導かれるように自転車を盗んでしまう。
思うに任せてペダルを漕ぎ始めた鉄男は、地元の釜石を飛び出し、吹雪の仙人峠を越えていく。

監督:高橋忠和
脚本:沢樹舞

杉本哲太
藤田弓子 高野志穂 伊藤久美子 鈴康寛 神津はづき
原田知世 原田芳雄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です