昭和歌謡大全集

昭和歌謡大全集

オバサン達は進化するのを止めちまった人間

人にはすべての事柄について相性があると思う。
好き嫌いや合う合わないと言ったほうがいいだろうか。
僕にとっての相性の悪いもの。
それは村上龍だ。
どうしてなんだか理由はわからない。
小説では共生虫や希望の国のエクソダスあたりを持っているのだが、未だに読み終わっていない。
てか、すでに無くなってしまっていると思う。
テレビもガイアの夜明けは毎週欠かさず観ていたが、カンブリア宮殿は気にも留めていなかった。
出だしは面白いのだが、ページが進むに連れてつまらなくなっていく。
この映画も鈴木砂羽演じるイワタミドリがヤラれてから一気につまらなさが加速していく。
最後の武器はドン引きの極みでしたわ。
なまじ前半が面白かった分、脱力感が半端ありませんわ…

ストーリー
イシハラら6人の若者は共通の話題も趣味もなく、なんとなく集まっては深夜にパーティを行い、そこで昭和の歌謡曲を歌うのを楽しみにしていた。
ある日、仲間の一人・スギオカが路上で女性を殺害する。
殺されたのはヤナギモトミドリ。
彼女の仲間であるスズキミドリら5人のオバサンたちは同じミドリという名前からミドリ会というグループを作っていた。
仲間を殺されたミドリ会は現場に残された遺留品から犯人・スギオカを特定し“復讐”を決行する。

原作:村上龍
監督:篠原哲雄
脚本:大森寿美男

松田龍平 / 安藤政信 / 池内博之
樋口可南子 / 鈴木砂羽 / 岸本加世子
斉藤陽一郎 村田充 近藤公園 森尾由美 細川ふみえ 内田春菊 市川実和子
古田新太 原田芳雄 寺田農 ミッキー・カーチス 津田寛治 千石規子 鰐淵晴子
内田朝陽 水木薫 小市慢太郎 サード長嶋 木下ほうか 山中聡 土屋久美子
黄川田将也 眞島秀和 氏家恵 永嶋美佐子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です