犯人に告ぐ

犯人に告ぐ

い〜ね〜万作

なーんか不完全燃焼で終わりを迎えてしまった気がする。
単に僕が読み取れなかっただけかもしれないが、最初の事件の動機もわからんし、わざわざ捕まるような行動を起こす意味も不明だし、バッドマンに関しては呆気なさすぎる…
もうちょっと背景を見せてくれてもと思った。
ただ、主人公の巻島史彦演じる豊川悦司は格好いいんだよな。
彼がお気に入りであれば、一度は観ておくべきであろう。
それから池内万作。
仕事できなそうな顔なのに仕事ができない役柄。
とてつもなくハマっている。
伊丹十三と宮本信子の息子だが、ホントいい味出している。

ストーリー
ノンキャリアながら警視として神奈川県警本部管理官の地位にあった巻島史彦は、とある誘拐事件の捜査ミスの責任を負わされて捜査会見を行うが、上層部の指示により過失を一切認めなかったためマスコミの激しい攻撃に晒された事から逆切れし、足柄署に左遷された。
6年後、「バッドマン」を名乗る犯人による連続幼児誘拐殺人事件の捜査が難航。
警察や自分に批判的なマスコミ関係者を嘲弄するメッセージを送る犯人に対する世間の怒りは、警察に対する非難となって現れていた。
この事態に危機感を持った県警上層部は捜査責任者がマスコミを通じて目撃情報を求めると共に、犯人自身に呼びかける「劇場型捜査」とも言うべき起死回生の策を取ることとし、巻島がその責任者として呼び寄せられる。

監督:瀧本智行
脚本:福田靖
音楽:池頼広
豊川悦司 / 石橋凌 / 片岡礼子 / 小澤征悦 / 井川遥
笹野高史 松田美由紀 崔洋一 石橋蓮司 池内万作 小市慢太郎 嶋田久作 山中崇 柄本佑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です