狂い咲きサンダーロード

狂い咲きサンダーロード

全力を尽くして自分がこの街を守ります。それから、あなたも。

1980年の作品なんだが、2015年の師走に観ても面白い。
映像や音楽、ファッションセンスなど古いのはしょうがない(35年も前なのだから当たり前)が、これまたブッ飛んでいて面白い。
近未来、幻の街サンダーロードでの新道交法を遵守して愛される暴走族になろうと言う流れに逆のベクトルで真っ向から突き進んでいく話。
夜露死苦よろしく、魔墓呂死の特攻隊長である仁が苦難の道を奮闘する。
仲間を殺され、裏切られ、スーパー右翼に入隊させられ、ゲイの愛人をかわし除隊するも報復にあい仲間が植物人間、自分は右の手足をチェーンソーで切られ片輪となり、最後の仲間もいなくなり底辺に堕ち込む。
「街中のやつら全員ブッ殺してやる」
漆黒のバトルスーツで全身を覆い、サンダーロードへ舞い戻ってくる。
ストーリーも凄いが、色々な謎も多い。
仁たちの金の出処や顔半分メイクの男が実はM82と言うサイボーグだとか、鉢金みたいにプレートをつけているのはファッションなのかとか…

ストーリー
近未来。
日本の何処かにあるという幻の街サンダーロードで鎬を削っていた暴走族達が、警察による苛烈な取締が実施される新道交法の成立を機に休戦協定を結ぶことになった。
『新道交法を遵守して愛される暴走族になろう』という平和的な協定に、武闘派の鉄人暴走族として恐れられていた魔墓呂死も参加を表明。
かねてより恋人の典子と堅気になろうと考えていた魔墓呂死リーダー・健の一方的なこの決定に、特攻隊長の仁は猛反発する。
あくまで暴走族としてツッパリ通すことにこだわる仁は、魔墓呂死特攻隊を率いて休戦協定の会合を襲撃、出席していた暴走族幹部達に重傷を負わせる。
それでもなお協定を守ろうとする健に業を煮やした仁は、自ら新しい魔墓呂死リーダーになると宣言。
仁と志を同じくする特攻隊メンバーの幸男や茂らと新道交法を無視した暴走を繰り返す。

監督:石井聰亙
脚本:石井聰亙 / 平柳益実 / 秋田光彦
音楽:泉谷しげる / PANTA&HAL / THE MODS

山田辰夫
中島陽典 南条弘二 小林稔侍 大池雅光 戒谷広
佐野和宏 飯島大介 飯島洋一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です