発狂する唇

th_img_859858_16029547_0

みんな、みんな大嫌い

なんつー映画だ。
無性にホラー映画が観たくなったので、なにげなくコイツを選んだ。
脚本が『女優霊』や『リング』の高橋洋だったてのもある。
が、めちゃくちゃなホラーコメディだった。
エロシーンやおふざけが過ぎるので、真面目に観ることは絶対にしてはいけません。
真面目に観なければ楽しめること間違いなし。

常に斜め上をいく展開

2016/1/9追加
久しぶりにくだらない映画を見ようと思い、以前記事にしたこの観ることにした。
ほとんど内容を忘れてしまっていて、結構楽しめた。
もうね、脚本が凄いのよ。
普通の感覚だと『こんなの映画にしていいの?』って思っちゃうんだけど、くだらないもの好きの俺としては最高に面白い。
まず展開についていけないし、サラッと急展開しちゃうから少しも気が抜けない。
園子温の映画『冷たい熱帯魚』にも出演している諏訪太朗だが、ここでも殺されて風呂場で処理されてしまう。
いや、こちらの方が先か。
たいした出番はなく、アメリカかぶれのようなルーシーだが実にイイ!
急展開に頭がついていけずにいる時、ルーシーが出てくるだけでクールダウンする。
つまり、なんかよくわからんが安心するってことなんだろう。
この映画を一言でまとめると、おっぱいが見られる映画ってことになるな。

ストーリー
女子中学生の首を切り落とすという猟奇殺人事件が起こった。
容疑者の倉橋美智夫は行方をくらましており、残された彼の母とふたりの妹はマスコミや近隣の住民、それに掲示からも執拗な嫌がらせを受けていた。
そんな中、兄の無実を信じる末妹の里美が心霊研究所の霊能者・間宮悦子に救いを求めた。
真犯人は美智夫ではないと断言する悦子。
早速、倉橋家を訪ねた彼女は降霊の儀式を行い、少女たちの霊を呼び寄せ犯人を探させるのであった。
しかし、その儀式を行う為に母や姉が悦子の助手・当麻の生け贄となり、更に里美にも強く念じただけで人を殺す不思議な力が備わるようになってしまう。
戸惑う里美。
とそこへ、FBI捜査官の成本とル-シ-が里美の前に現れた。
実は、彼らは事件の真犯人が悦子たちだと睨み、見張っていたのだ。
そんな彼らに里美は捜査の協力を求められるが、その間にも彼女の不思議な力はパワ-アップしていくのであった。
やがて、少女たちの霊によって美智夫の潜伏している場所が判明した。
里美は森の中の古びた一件の家へ母たちと赴くが、果たしてそこに美智夫はいた。
だが、彼は悦子と将来を誓いあった仲で、神の降臨を信じ、その為い必要な里美の呪われた血と力を覚醒させたのだと語った。
そして、間もなく闇が世界を包もうとしていた。しかしその時、FBIによって森にミサイルが撃ち込まれるのだった。

監督:佐々木浩久
脚本:高橋洋

阿部寛 / 鈴木一真 / 三輪ひとみ
吉行由実 下元史朗 夏川ひじり 由良宜子 栗林知美 諏訪太朗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です