空中庭園

空中庭園

思い込んでいると本当のものが見えないって話

何ごとも包み隠さず、タブーを作らないことが家族の決まり。
という事なんですが、ハッキリ言って気持ち悪い。
冒頭からの会話から『こんな家族ありえないわ』と思ってしまい、なかなかストーリーが頭に入ってこない。
どうやら映画を観る順番を間違えたらしい。
前回の現金に体を張れ、前々回のアパートの鍵貸しますという名作の後だったのがそもそもの間違いだ。
前の2つには無駄なシーンがなく洗練されているのに比べ、この作品は無駄なシーンのオンパレードのうえ、一つ一つ考えこんでしまって、何を表現しているのかまったくわからなかった。
演出もただエフェクトを加えただけというDIO様のラッシュのような時間を過ごしました。

学芸会の出し物で『内容ではなく、みんなでやることに意味があるんだ!』という青春を夢見てる人たちが作り出す家族ごっこでしたね。

ストーリー
京橋家の娘・マナは学校をさぼり気味で、弟・コウも学校に行ってない様子。
そして父・貴史は浮気に忙しく、妻・絵里子は母・さと子との関係に悩んでいた。

原作:角田光代
監督・脚本:豊田利晃
音楽:ZAK
小泉今日子 / 鈴木杏 / 板尾創路 / 大楠道代
國村隼 瑛太 今宿麻美 勝地涼 ソニン 永作博美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です