苦役列車

苦役列車

主人公のクソ野郎ぶりがリアリティ抜群

底辺を生きる若者、北町貫多は友ナシ、金ナシ、女ナシの愛すべきロクデナシ。
将来に夢も希望も持たず、くだらないその日暮らし。
でも、その気持もわからなくはない。
何をやっても面白くはない。
じゃあ「何が面白いのだ?」と自問自答をしてみるが明確な答えは出てこない。
それもそのはず、今の生活から抜け出したい気持ちと今のままでいたい気持ちがぶつかりあって、僅差で現状維持となっているからだ。
だが、いつかは踏み出さないと本当に腐ってしまう。
流れない水は腐ってしまうのだ。

ストーリー
1980年代後半。
19歳の北町貫多は日雇い労働で得た金を酒に使い果たし、家賃も払えない生活を送っていた。
他人を避けながら孤独に暮らす貫多だったが、職場で専門学校生の日下部正二と親しくなる。
そんなある日、古本屋で働く桜井康子に一目ぼれした貫多は、日下部に取り持ってもらい彼女と友達になるのだが…

原作:西村賢太
監督:山下敦弘
脚本:いまおかしんじ
音楽:SHINCO
主題歌:ドレスコーズ「Trash」
森山未來 / 高良健吾 / 前田敦子
マキタスポーツ 田口トモロヲ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です