萌の朱雀

萌の朱雀

超芸術トマソン級の作品

凡人には理解し難い。
芸術にはそんな側面を持つ。
そして言葉は要らない。
見ただけで気持ちが伝わるのだから。

冒頭をチョットお洒落にしてみた。
が、ぶっちゃけ理解不能な映画でした。
主人公の家族なんだけど、関係性がわからない。
それにセリフも聞き取りづらく、全体を通してぼやけてしまっている。
そんな感じ。

ストーリー
奈良県の過疎化が進む村が舞台。田原孝三は村で持ち上がった鉄道新線の阪本線のトンネル工事にかかわるが、やがて計画は中断され職を失った孝三は8ミリフィルムで村の人々の記録を残してから、失意のままこの世を去る。
新線建設の夢が幻に終わるとともに、田原家の家族も離ればなれになってしまう。

監督・脚本:河瀬直美
音楽:茂野雅道
國村隼 / 尾野真千子
和泉幸子 柴田浩太郎 神村泰代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です