運命じゃない人

運命じゃない人

そう言うことだったんですね

サラリーマンの宮田、私立探偵の神田、婚約破棄で傷心どっぷりの真紀、ヤクザの組長の浅井、そして宮田の別れた彼女あゆみの5人の視点から織り成す一晩の出来事。
物語が進むにつれ、個々の不思議な行動が判明していく。
翌朝宮田のマンションのインターフォンを押すのは誰か?

ストーリー
婚約破棄となり、二人で住む家を出てきた桑田真紀。婚約指輪を質屋に持って行ったが3500円にしかならず、一人入ったレストランはカップル、家族、友達同士でにぎわっている。寂しさがこみ上げて今に泣きそうだ。

サラリーマンの宮田 武は、頼まれ事は断れず、すぐに人を信じてしまう典型的ないい人。結婚前提でマンションを購入した途端、行方知れずになってしまった前の彼女・あゆみのことでさえ、心配しているほどの人の良さだ。

そんな宮田の親友で私立探偵の神田は、宮田のことが歯がゆくて仕方がない。いつまでも前の彼女にことを引きずっていても仕方がないと、宮田のために女の子をナンパしてやる。それはレストランで一人で寂しそうに食事をしている真紀だった。

泊まる家もない真紀に、宮田は自分の家に泊まるようすすめ、二人は宮田の家に帰っていく。そこに行方知れずだったあゆみが現われる。あゆみのあまりの身勝手な言動に、真紀はあきれて宮田の家をでていってしまう。宮田は追いかけ、勇気を振り絞り真紀の電話番号を聞くことに成功する。宮田にとってはちょっと勇気を出した一晩。しかし実は彼を取り巻く人々、真紀、神田、あゆみ、そして、あゆみの現在の恋人である浅井の視点から見た一晩はまったく違う夜だった。複雑な人間関係に、浅井の金2000万円が加わり、事態は誰も予想がつかない方向へと転がっていたのだ──

監督・脚本:内田けんじ
音楽:石橋光晴
中村靖日 / 霧島れいか / 山中聡
山下規介 板谷由夏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です