黄金を抱いて翔べ

黄金を抱いて翔べ

映画特有のご都合主義っていうか…

中庸。
毒にも薬にもならないって印象が強いな。
いや、面白いんだけどありきたりな感じもするし…
つまらなくはないんだよホントに。
至る所でのリアリティーが無かったのがなんとも言えない感じに仕上がっちゃってるんだろうなぁ…

ストーリー
裏社会の住人相手の調達屋として生きる幸田は、大学の同級生だった北川からある計画を持ち掛けられる。
それは大阪市の銀行が誇る、コンピュータを駆使した完璧な防犯システムが施された金庫から240億円相当の金塊を強奪するというものだった。
システムエンジニアの野田、北川の弟・春樹、爆破のプロでスパイでもあるモモ、元エレベーター技師のジイちゃんというメンバーで金庫に挑む幸田たちだったが、彼らの意外な過去や裏切りが浮上し……

原作:高村薫
監督:井筒和幸
脚本:吉田康弘 / 井筒和幸
音楽:平沢敦士
主題歌:安室奈美恵『Damage』

妻夫木聡 /浅野忠信 /桐谷健太
溝端淳平 /チャンミン/ 西田敏行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です