DISTANCE

DISTANCE

被害者なのか加害者なのか…

宗教団体に入っている人ってどうして周りの人を入信させたがるのか?
教団の財源確保と言ってしまえばそれまでなんだけど、それでも熱心な人はいるよね。
俺自身は特に宗教を信じてはいない。
でもしいて言えば仏教だったり、神道だったりする。
違いを簡単に言ってしまうと、仏教は仏陀を神道は八百万の神を信仰するってことかな?
あとは仏教はお寺だけど、神道は神社ってことくらい。
間違っているかもしれないが、それくらいの知識や興味しか無い。
チョット話がずれちゃったな。
で、勧誘の人なんだけど、自分が助かりたいから他人を蹴落とすってことわかっているのかな?
まぁよくある構図だと思うんだけど、入信させた人数で上の位に昇格できる。
昇格すればするほど自分への見返りが大きくなる。
経典によって違うだろうけど、例えば天国に入りやすくなるとか。
100人勧誘したら天国に行けると仮定する。
そうしたら天国に行きたい人は必死で勧誘すると思うのね。
この教えが素晴らしいとか言ってさ。
頑張った結果100人を達成したとする。
勧誘した人は天国だけど、勧誘された人ってどうなるの?
彼らを踏み台にして自分だけが天国に行ければいいっての?
ねぇねぇ、教えて勧誘の人。

またまた関係ないけど、夏川結衣も美人だよね。

ストーリー
カルト教団「真理の箱舟」が無差別殺人を起こし、その5人の実行犯が教団の手で殺害され、教祖も自殺した事件から3年後の夏。
4人の加害者の遺族はその命日に集まり、遺灰を撒いたとされる山間の湖に慰霊に行ったが、車を盗まれたため、その場に居合わせた元信者である坂田の案内で、実行犯たちが潜伏していたロッジで一夜を明かすことになる。
5人はそこで否応なく過去と向き合う事になる。
私たちは被害者なのだろうか、加害者なのだろうか。
果たして私たちは何か確かなものを手にすることができたのだろうか、と。

監督:是枝裕和

ARATA / 伊勢谷友介 / 寺島進 / 夏川結衣 / 浅野忠信
りょう 遠藤憲一 中村梅雀 津田寛治 山下容莉枝 村杉蝉之介 梓
木村多江 平岩友美 中村育二 杉本安生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です