HANA-BI

HANA-BI

台詞が少なく、静かな物語

『あの夏、いちばん静かな海。』を彷彿させるような穏やかな映画。
銃を撃ったり人が死んだりなんて場面もあるけど、基本的に淡々と進む。
ド派手なCGで圧倒されるような映画に飽きたら観てもらいたい。
そうすればわかるんじゃないかな?
CGなんて小手先の技術で映画の良し悪しに全然関係ないってことがさ。
理想の夫婦なのかはわからないけど、なんか羨ましいよね。
あまり言葉をかわさないけどお互いが理解し合っているようにみえたね。
釣りの場面は良かったな。
奥さんに「ちょっと待ってて」って軽く声かけてチャチャッとトラブル解決しちゃうからな。
それから西の随所でのいたずらが童心にかえしてくれる。
ラストも良かった。

ストーリー
不治の病に冒され余命いくばくもない妻を見舞っていた西は、自分の代わりに張り込んでいた同僚の堀部が犯人に撃たれたとの知らせを聞く。
堀部は命こそ取り留めたものの、車椅子を使わなければならない体になってしまった。
西らはその後犯人を追い詰め、捕らえようとするも抵抗する犯人が発砲、部下の田中が犠牲になる。
西は犯人を射殺し、何発も銃弾を撃ち込む。
刑事を退職した西はヤクザから金を借り、妻に不自由ない生活を送らせようとするが、返済が滞っていく。
妻と子供と別れた堀部は絵を描き始める。

監督・脚本:北野武
音楽:久石譲

ビートたけし / 岸本加世子
大杉漣 / 寺島進
白竜 渡辺哲 薬師寺保栄 芦川誠 大家由祐子 逸見太郎 つまみ枝豆
北野井子 矢島健一 柳ユーレイ お宮の松 玉袋筋太郎 森下能幸 佐久間哲
津田寛治 無法松 アル北郷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です