JUDGE

JUDGE

駄作と評判の高いこの作品をあえて観てみたのだが…

漫画は面白かったので映画化されると知った時、期待と残念感が半々の割合でひしめき合っていた。
レビューなど読まなくてもうすうす『この映画ダメなんだろうな…』とは思っていたのだが、有村架純と佐藤二朗のために観ることにした。
が、観終われば後悔しかない。
たかだか77分の映画で100円で借りたのだが、お金を返してくれと思った。
いや、それ以上に時間を返してほしい。
観た後に残るものは虚無感だけというこの映画。
面白半分で観てみては如何だろうか…

ストーリー
何者かによって、脱出不可能な閉ざされた空間に連れ去られてきた7人の男女。
意識が回復した彼らは、オオカミやライオンといった動物のマスクを装着された上に、毒薬を投与できる手錠を掛けられていることに気付く。
やがて、それぞれが傲慢(ごうまん)、嫉妬、憤怒、怠惰、強欲、大食、色欲という七つの大罪を背負っているとして、あるゲームを課せられる。
それは制限時間内に互いの素性を見極め、罪が重いと判断した者を投票して死刑判決を下すという異常なものだった。

原作:外海良基
監督:古波津陽
脚本:古波津陽 / 川手ふきの
音楽:松岡政長
瀬戸康史 有村架純 田中壮太郎 平良和義 川手ふきの 西丸優子 佐藤二朗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です