オーデュボンの祈り

オーデュボンの祈り

友人の絶賛した作品なのだが…

ごめん。
俺にはこの作品の面白さがわからないようだ。
文章のうまい作文を読んでいるような感じで、物語に入り込むことは出来なかった。
と言うのも、登場人物たちの喜怒哀楽がわかりづらく感情移入が困難だったからだ。
終盤にパズルが組み上がるように物語が収縮していき、謎を解明するところが良いらしい。
その箇所を『あぁね』なんて読んでいた俺には到底理解が出来ない。
もったいぶっていた『この島にかけているもの』はまさかまさかの大当たりをしてしまって、何のひねりもなくガッカリしてしまった。
とあるレビューに島田荘司を意識していると言うような事が書いてあって、阿藤快ばりの『なんだかなぁ』を連呼してしまった。
感想を一言でまとめると『なんだかなぁ』に尽きる。

ストーリー
コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。
江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。
嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。
次の日カカシが殺される。
無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。
未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか?

オーデュボンの祈り / 伊坂幸太郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です