悪夢のドライブ

悪夢のドライブ

二転三転の結末!?

解説・三木聡。
この時点で買い決定!
三木聡信者の俺としては至極当然である。
そして木下半太の悪夢シリーズなのだから尚更である。
期待度が高かったためにキャラはなんかウザったく感じてしまったな。
お笑い芸人である必要性とか、16歳の女の子とか、多重人格だとか、自称189cmの女性とか…
生意気なこと言っちゃうけど、なんか逆に中身が薄くなった気がした。
でも、ストーリーは面白かったな。
サラッと読めてしまうしね。
次は違うシリーズでも読んでみようかな…

ストーリー
売れない芸人・クマは、運び屋のバイトを始める。
新たな依頼は、ピンクのキャデラックを高級ホテルまで届けること。
ただ運転すればいいはずだったのに、途中で命を狙われたり、謎の家出女子高生に追われたり、トランクから巨大な麻袋が出てきたり…。
相次ぐ騙しあいと、怒涛のどんでん返しで、驚愕の結末へ!
一気読み必至の傑作サスペンス。

悪夢のドライブ / 木下半太

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です