聯愁殺

聯愁殺

連続殺人犯の頭の中を考える

被害者が加害者の動機について考えるとは、普通のミステリとは趣が違って面白い。
依頼した推理合戦のなかで次々と新事実が発見され、仮説が塗り替えられていく過程は面白い。
ただ、ラストは失速しちゃった感が否めない。

ストーリー
大晦日の夜。
連続無差別殺人事件の唯一の生存者、梢絵を囲んで推理集団“恋謎会”の面々が集まった。
四年前、彼女はなぜ襲われたのか。
犯人は今どこにいるのか。
ミステリ作家や元刑事などのメンバーが、さまざまな推理を繰り広げるが…

聯愁殺 / 西澤保彦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です