ニニフニ Vol.1

ニニフニ_Vol.01

雑誌でおもしろいことはまだまだできる!

「而二」とは一つのものを二つの面から見ること、
「不二」とは二つの面があっても、その本質は「一」である、ということ。

創刊によせて
而二不二(ニニフニ)・・・「而二」とは一つのものを二つの面から見ること、「不二」とは二つの面があっても、その本質は「一」である、ということ。
紙の裏と表。
二つで一つの雑誌。

「多チャンネル」「検索」「ともだち申請」といった<自分の興味>強化時代にあって、突然の出会いをもたらすことができるのは<雑>誌です。
「ニニフニ」は、ジャンルやメジャー/マイナーの溝を軽やかに飛び越え、整理され尽くされたかに見える情報的社会の片隅みうごめく混沌を混沌として、こわごわ戯れるための自由な精神を体現する、完全にインディペンデントな雑誌です。

「分裂や媒介を自分の外に置くような生気のない存在でなく、みずから分裂し媒介する存在こそが主体と呼ばれるのだ」
と、かつてある哲学者は言いました。
ふたつの紙面のあいだで運動する精神は、テキストとビジュアルをまとい、いまここで瑞々しくかたちづくられようとしています。

双子の総合カルチャー誌「ニニフニ」、ぜひご高覧ください。

ニニフニ編集発行人 山崎なし 拝

雑誌でおもしろいことはまだまだできる!
ふたつの冊子を特殊製本でつなげることにより生まれる誌面を活かし、まったく新しい読書体験を提示。
I字型に展開すれば最大横幅84cm、強烈なインパクトを残す雑誌史上最大級の大判ビジュアルが現れます。
また、W字型にたためばもちろん普通の雑誌のように手で持って読むこともできます。
この夏、インディペンデントな総合カルチャー誌として生まれ落ちるニニフニの創刊号には、真野恵里菜、町田康、木尾士目、山本精一、青葉市子などなど多彩な顔ぶれが登場。
ニニフニは斬新なビジュアルと長文のインタビュー、丁寧な編集で雑誌の未来を体現します。

  • 真野恵里菜(表紙、巻頭グラビア&インタビュー)/木尾士目(『げんしけん』)インタビュー/谷田浩(STOF)インタビュー
  • 特集「ぼくの好きな音楽」青葉市子/山本精一×見汐麻衣(埋火)/佐藤良成(ハンバートハンバート)×石井モタコ(オシリペンペンズ)/和田晋侍(巨人ゆえにデカイ、DMBQ)/森雄大(neco眠る)×oono yuuki/tofubeats
  • 小特集「Magazinary Places:雑誌的場所――東京ワンダーランド」
  • 松田凌、九龍ジョー、トンチ、鈴木裕之、田中一人ほか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です